成功する人たちが集まる「成功界」があります。

その反対もしくは対局は、「なにかい」でしょうか?

そこで、頭に浮かんできた言葉です・・・。

国語の授業では、成功の反対は失敗と教えてもらいました。
しかし、仕事をするとき、
成功の反対(成功の対局)を失敗にするで、正解なのでしょうか。
そんな疑問に対する答えがありました。

仕事をするとき、
成功の反対(成功の対局)は、何もしないことです。

新しいことを始める。既存のものを変えていく。既存のものを繋ぎ合わせていく。
こういったときに付きものなのが、失敗です。

チェンジして、すぐに成功するとは限りません。
何度チャレンジしても結果はすべて失敗であったりします。
最後のチャレンジの結果だけが、成功となるだけです。

チャレンジし、失敗し。改善し、失敗し。また改善し、最後に成功になるんです。
そう。それまでの道のりは、すべて失敗です。

失敗の次には、(ひょっとしたらもう少し先かな)成功が待っているんです。
でも、何もしなければ、失敗もしないけど。絶対に成功もしません。
行動をしなければ、失敗もしないけれど絶対に成功もしません。

頭に浮かんできた言葉は、
「なにもせんの界」でした。