toggle
大阪市中央区北浜東2-12天満八軒家ビル3A 決算書を活用する平田税理士事務所
2018-04-18

言葉にできるは武器になる。 ~梅田悟司~

著書名 言葉にできるは武器になる。
著者名 梅田悟司

読もうと思った理由
人の心に響く言葉ってどんな言葉なんだろうか。と考えているとき、言葉で仕事をしている人の「言葉は武器になる」という文字を見て。心に響く言葉と心に響かない言葉の違いを知りたくて、この本を読みました。

心に残った言葉
「と思います」が、意思を弱める。
文章を書くとき、よく使っている「と思います」の言葉。無意識のうちに断言することによるリスクを避けようとしているのか、多く使ってしまう「と思います」の言葉。
でも、最後に「と思います」の言葉を使うことによって、それまでのすべての言葉の持つ迫力が失われ、本気度は大きく目減りしてしまう。それは、本気度が足りていない証拠だそうだ。なるほどなと感じた。

心に響く言葉を話しさない、と言われてもわからないとき。
人の心に響く言葉とは、どのような言葉なのか。そして、その言葉をどのようにして考えて(見つけて)いけばよいのか。その手法が具体的にレクチャー式で書かれており、円滑なコミュヌケーションがとれるようになる本です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA