新規開業時の税務署提出書類(法人)

新会社を設立したとき。税務署に提出しなければならない書類と提出期限です。
①法人設立届出書
 提出期限・・・設立の日以後2月以内。
 なお、法人設立届出書には、一定の書類を添付しなければなりません。
②青色申告の承認申請書
 提出期限・・・設立の日後3月以内または設立事業年度終了日のいずれか早い日まで。
③確定申告書の提出期限の延長の特例の申請書
 提出期限・・・設立事業年度終了の日まで。
④棚卸資産の評価方法の届出書
 提出期限・・・設立事業年の確定申告書の提出期限まで。
⑤減価償却資産の償却方法の届出書
 提出期限・・・設立事業年の確定申告書の提出期限まで。
⑥事前確定届出給与に関する届出書
 提出期限・・・設立の日以後2月以内。
⑦消費税簡易課税制度選択届出書
 提出期限・・・事業開始日の課税期間終了日まで。
⑧源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書
 提出期限・・・速やかに
 ただし、源泉所得税の納期の特例の適用は、提出日の翌月からの適用となっています。
 したがって、提出日を含む月は適用されませんので、気をつけてください。

会社の新規設立をお考えの方。気軽に平田税理士事務所に相談してください。