貸借対照表

貸借対照表の概要

 貸借対照表は、一定の日(通常は決算日)における資金の調達源泉と資金の運用状況を表し、会社の財産状態を表したものです。
 具体的には、資金がどこからどれだけ調達されているか、資金の調達源泉を表したものが負債及び純資産であり、調達された資金がどこにどれだけ運用や使用されているのか、資金の運用状況を表したものが資産です。

資金の調達元

貸借対照表の負債及び純資産は、資金の調達源泉を表しています。
調達した資金は、返済を必要とするものか必要としないものかによって、次のように負債または純資産に区分されます。

  • 負債とは、調達した資金のうち、返済しなければならないものであり、必ず返済しなければならないので、他人資本とも呼ばれています。
  • 純資産とは、調達した資金のうち、会社が存続する限り返済しなくても構わないものであり、返済を必要としないので自己資本とも呼ばれています。

また、負債は、1年以内の短期間で返済しなくてはならない流動負債と1年を超えて長期間で返済していく固定負債に区分されます。

資金の運用先

貸借対照表の資産は、調達した資金の運用状況を表しています。 資産は、その資金の使途の違いにより、次のように流動資産、固定資産、繰延資産の3つに区分されます。

  • 流動資産とは、現金のほか、売掛金や棚卸資産などの短期間に現金化できる営業資産。そして、1年以内に現金化できる貸付金などの流動性の高いものです。
  • 固定資産とは、土地や建物など設備のほか。1年を超えて現金化できる貸付金や有価証券などの流動性の低いものです。
  • 繰延資産とは、開発費や研究費など、法律によって翌期以降の一定期間にわたって費用化しなければならないものです。

債務超過

 債務超過とは、資産よりも負債のほうが多く、純資産がマイナスの状態になっていることです。
 他人資本である負債は、いずれ返済しなければならないものであり、その返済に充てる基となるものが資産であったり利益であったりするが、債務超過は、返済の基になる資産よりも返済しなければならない負債のほうが多く、負債をすべて返済できない状態のことです。

断層写真

 貸借対照表を人で例えるなら。その人が産まれてから今までの栄養の蓄積状況を表したものです。
 MRIなどで人の断層写真を撮ったとき。肉や骨のようにエネルギーを生み出す源になるものが資産で、ぜい肉や悪玉コレストローノレのように対処しなければ大病につながる注意すべきものが負債です。