キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書の概要

 キャッシュフロー計算書は、会社の一定期間(通常は前回の決算日から今回の決算日までの事業年度)におけるお金の増減を科目ごとに集計して、その期間のお金の増減内容とその理由を表示したものです。

お金による3つの区分

 キャッシュフロー計算書は、お金の増減を次の3つの項目に区分して表示しています。

  • 営業活動によるキャッシュフロー
    本業の宮業活動からどれだけのお金を得たのか、また、営業活動でどれだけのお金を失ったのか、本業の宮業活動によるお金の増減を表示しています。
  • 投資活動によるキャッシュフロー
    投資活動によりどれだけのお金が入ってきたのか、また、投資活動によりどれだけお金が出ていったのか、投資活動によるお金の増減を表示しています。
  • 財務活動によるキャッシュフロー
    借り入れによりどれだけお金が入ってきたのか、返済によりどれだけお金がでていったのか、財務活動によるお金の増減を表示しています。

 このように3つに区分して、お金の増減内容とその理由を数字でわかりやすく表示しています。

貸借対照表と損益計算書の補完的役割

 会社の財産状態を表す貸借対照表と経営成績を表す損益計算書などは、会社がどのような営業活動をし、どれくらいの費用を費やし、いくらの収益を得たのかの経営成績を表し。そして、結果として、財産状態の増減が、どのようになったのかを表したものであり、手元のお金の増減内容やその理由を表したものではありません。
 現在の会計基準では、売上はお金の入金に関係なく、商品やサービスを提供したときに売上を計上するようになっており、利益が生じていてもお金の増加を伴わないこともあります。この差異の内容や理由を表示し、貸借対照表と損益計算書を補完しているのが、キャッシュフロー計算書の役割です。

赤字であっても倒産はしないが、お金が無ければ倒産をする

 損益計算書がどれだけ赤字であっても、お金が有れば、絶対に会社は倒産しません。しかし、損益計算書がどれだけ黒字であっても、お金が無く資金が不足すれば、会社は倒産となります。そのために、お金の動きがわかるキャッシュフロー計算書が必要となります。