決算日について。

 こんど会社を設立しますが。決算日をどのように決めればよいのでしょうか

~決算日は、御社の業績に影響を及ぼすので、次のポイントを考慮して決めてください。~

 3月を決算にしている会社が多いので、同じように3月にしている会社も多いですが。次のポイントを考慮して、決算期を決めるとよいと思います。

作業量の増加に注意

 決算月前後には決算に伴う作業が、通常の業務のほかに生じるので、繁忙期を避けたほうがよいです。特に許認可を要する事業は、その事業年度の届出書等の作成や許認可の更新もいっしょになるので、繁忙期は避けたほうがよいです。

資金繰りに注意

 決算後には税金を支払う必要があるので、その他の税金や多額の支払いと重なる時期は、資金不足に陥る可能性があるので避けたほうがよいです。

決算月と売上のピーク月との関係に注意

 売上のピーク月が決算月と同じであれば、その事業年度の損益の予想が決算とほぼ同時となるので、節税対策ができなかったり、納税資金の準備などの時間がなかったりします。 
 しかし、売上のピーク月から決算月までに期間があれば、その事業年度の損益の予想ができ、節税対策に時間をかけられたり、納税資金の準備などを慌てずにできたりします。

消費税の免税などの特典を最大に享受

 消費税の免税をできるだけ長く受けたり、第一期の税金などの支払いをできるだけ遅らせたりするには、設立日から一年以内の日でできるだけ遅い日を選べばよいです。

決算月の変更は可能

 決算月を決めても。決算月を変更しようと思えば、株主総会を開催し定款の決算月(事業年度)を変更して、決算月を変更することができます。

おすすめの月は?

 平田税理士事務所の関係会社は、10月決算です。その理由は、ここには書けませんが。10月を決算月にしています。