憧れではなく戦略的に会社を利用してみませんか。

法人経営で儲けが倍増!

 誰でも簡単に会社をつくれます。そして、法人経営によるメリットは大きいです。

あなたにお尋ねします。

 個人事業を法人経営にするって、そんなに大変なことでしょうか。

 法人の設立手続は簡素化され、誰でも簡単に法人を設立できるようになりました。ただひとつ、今も変わっていないのが、あなたの決断と勇気が必要なことです。

踏み切れない理由は、
 自らの事業活動にとって、メリットがあるのかどうか、わからない。
法人設立に必要な手続きが、わからない。
などがあります。

 これらの疑問の解決のため、この資料は作成されています。

法人経営のメリット

一般的なメリット
・あなたの事業の社会的な信用力が高まります。
・その会社にいい人材が集まります。
・銀行等からの融資が受けやすくなります。
・会社の決算日や会計期間を任意に選べます。
・事業用資産の移転の簡素化により事業承継が行いやすくなります。
・創業や異業種進出に伴う補助金や助成金がもらいやすくなります。

お金のメリット
・経営者の給与所得控除の利用により節税ができます。
・経営者の親族への所得分散により節税ができます。
・経営者への退職金の支払いにより節税ができます。
・経営者への出張日当の支払いにより節税ができます。
・経営者の生命保険料の経費化により節税ができます
・配偶者控除や扶養控除の適用により節税ができます。
・欠損金の繰越期間が9年間と長くなります。
・最高税率の違いにより節税ができます。
・事業税を非課税にして節税ができます。
・消費税の納税義務が最大2年間免除されます。

法人経営のデメリット

一般的なデメリット 
・重要な意思決定には株主総会などの決議が必要になり時間を要します。
・役員としての経営責任が重くなります。

お金のデメリット 
・赤字決算でも法人府民税と法人市民税の均等割を支払わなければならない。
・健康保険や厚生年金保険の加入により社会保険料の負担が増加します。
・会社設立や役員変更などの登記に関する費用が発生します。
・自動車保険や銀行手数料などの費用が高くなります。
・最低税率の違いにより税金の負担が増加します。
・会計処理などの事務の負担と費用が増加します。