財務諸表

決算書の概要

 決算書とは、一定期間毎に会社の経営状態(財産状態や損益状況)を表したものです。そして、決算書には次のような情報が盛り込まれています。

  •  会社の経営がうまくいっているのか。
  •  現在どのような問題があるのか。
  •  どのように会社の体質を改善していけばもっと業績が伸びるのか。

など現在の会社の経営状態だけでなく、会社の将来性などがわかる役に立つ情報が盛り込まれたものです。

具体的なもの

 一般的に決算書とよばれるのは、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書の3つがあります。そして、この3つのものは、事業年度終了の日である決算日を基準として作成されます。
 例えば、事業年度が4月から3月までの一年間と定めている会社であれば、毎年3月31日(事業年度終了日)を基準として決算書を作成することになります。
 また、決算書は、貸借対照表と損益計算書とキャッシュフロー計算書の3つに分けられていますが、これらのものは、それぞれ独立したものではなく、それぞれに連動した関係にあります。

貸借対照表

 貸借対照表とは、決算日における資金の調達と資金の運用を集計し、会社の財産状態を表示したものです。
 具体的には、資金をどのように運用しているのかを表示した資産の部、資金をどこからいくら調達したかを表示した負債の部、そして、その差額としての純資産の部(財産)を表示し、その会社の財産内容が表示されています。

損益計算書

 損益計算書とは、会社の一事業年度(前回の決算日から今回の決算日まで)における収益と費用を集計し、その期間の損益状況を表示したものです。
 具体的にほ、売上高(商い高)、売上総利益(稼ぎ高)、販売費及び一般管理費(コスト)、経常利益(儲け高)などの項目で表示し、その会社の利益構造(利益の仕組み)が表示されています。

キャッシュフロー計算書

 キャッシュフロー計算書とは、会社の一事業年度(前回の決算日から今回の決算日まで)におけるお金の入出金を集計し、その期間の資金の増減を表示したものです。
 具体的には、資金の入金と資金の出金を営業活動によるもの、投資活動によるもの、財務活動によるものに区分して表示し、その会社の資金体質が表示されています。

利益はどうして必要なのか

 経営体質の強い会社は、事業年度ごとに利益(儲け)を出し、その利益(儲け)を蓄積している会社です。利益の蓄積があれば、次のようなメリツトがあります。

  •  損益が赤字になったとき、利益の蓄積を取り崩せば、資金繰りに困ることなく業務が継続でき、会社が倒産するのを防ぎます。
  •  設備投資を行いたいとき、金融機関から資金を調達することなく、自社の資金だけで設備資金を賄うことができます。また、利益の蓄積が多ければ金融機関から調達できる資金も増えたりするので、設備投資を迅速に行えたり、より大きな設備投資が可能となります。
  •  得意先などの関係者への緊急なお金の支払いのとき、迅速に対応できるので、得意先からの信用を失うことがありません。

 つまり、利益の蓄積は資金の蓄積と同じであり、資金の蓄積は、資金調達の時間や費用を必要とせず、資金不足の心配もなく事業に集中できるので、安定した経営を継続することができます。