損益計算書

損益計算書の概要

 損益計算書は、会社の一定期間(通常は前回の決算日から今回の決算日までの事業年度)における収益と費用を集計し、その期間の損益状況を表示したものです。
 その内容は、売上総利益、営業利益、経常利益、税引前当期利益、当期利益と5つの利益内容で表示されいます。その会社の利益構造が表示されているので、利益の源泉(強み)などが理解できるようになっています。この5つの利益の中で、その会社がどれだけ儲かっているか示す数字として重要視されるのが経常利益です。

利益構造の内容

  1. 売上総利益(稼ぎ高)は、売上高(商い高)から売上原価を差し引いた利益です。
    この売上総利益は、粗利益とも言われており、その会社が商品やサービスの提供により生み出す実質的な稼ぎです。
  2. 営業利益は、売上総利益から販売費及び一般管理費を差し引いた利益です。
    販売費及び一般管理費は、給料や家賃やその他の費用など営業活動に使われる費用であり、営業利益は、その会社が商品やサービスの提供などの営業活動により生み出す利益です。
  3. 経常利益は、営業利益から営業外損益を加減した利益です。
    営業外損益は、営業活動以外の財務活動などで生じる収益や費用のことであり、経常利益は、その会社が通常の活動により経常的に生み出す利益です。
  4. 税別前当期利益は、経常利益から特別損益を加減した利益です。
    特別損益は、通常の活動では起こり得ない自然災害による損害や固定資産の売却などで生じる収益や費用のことであり、税引前当期利益は、その会社のすべての活動により生み出す利益です。
  5. 当期利益は、税引前当期利益から法人税や住民税などを差し引いた利益です。
    当期利益は、自己資本(財産)として会社にプールされ、その後の会社の活動に使われ、更なる利益を生み出す源となります。

売上高(商い高)

 売上高(商い高)とは、商品やサービスを提供したときに受け取る代金のことです。
 この売上高は、損益計算書の一番上に表示され、この売上高から商品の仕入れ代金や販売に必要な人件費、家賃やその他の費用、その他の収入などを加減して、会社がどれくらい儲かっているかを表す利益を計算していきます。
 この売上高が、増えれば増えるほど利益も増えるので、ほとんどの会社は、この売上高を増やすことを目標としています。しかし、この売上高が増えても利益が増えないことも稀にあるので、注意しなければなりません。

売上原価

 売上原価とは、売上に対応する商品の仕人代金や売上に対応する製品の製造費用のことです。
 この売上原価が、小さくなれば売上総利益(稼ぎ高)は大きくなり儲けが多くなり、逆に、売上原価が、大きくなれば売上総利益(稼ぎ高)が小さくなり儲けが少なくなります。そして、この売上原価は、売上に対応する商品の仕人代金だけであり、商品の仕入高と必ずしも一致しません。その理由は、仕入れた商品でも売れ残った商品は、在庫として取り扱われ売上原価に含まないからです。

経常利益

 経常利益は、営業活動よる売上総利益(稼ぎ高)から営業活動による販売費及び一般管理費と財務活動による費用を差し引きした利益(儲け高)のことです。
 経常利益は、その会社の業績を判断するとき、特別なものや臨時的な収入や支出を加味した当期利益よりも、その会社が通常の活動により生み出す利益であるので、重要視されています。また、その会社の過去の業績や同業他社の業績と比較するとき、比較条件が同一のため、比較検討の指標として、よく使われています。

成長度合の測定表

 損益計算書を人で例えるなら、その人の一定期間の発育状況を表したものです。
 一定期間に栄養をどのようにどれだけ摂り、その栄養をどこにどれだけ消費し、その結果どれだけ体を成長させたかを表した成長表です。そして、その成長表は、栄養を効率よく摂ったため、体が大きく成長していることや、栄養を効率よく摂れなかったり、また無駄に消費したりして、摂ったものよりも多く消費し、体が痩せてしまっていることなど成長度合を表しています。