修正申告書の作成料

 平田税理士事務所は、定期訪問の契約をして、日々の記帳内容のチェックしているお客さまについては、税務調査による修正申告書の作成料をいただいておりません。

 その理由として。
 税務調査で、軽微な疑義を指摘されたときに。

 修正申告書の作成料を請求できるようであれば。調査官に反論するより、お客さまに修正申告に応じるように説得していきます。
 これって、何か間違っていないでしょうか。ほんとうにお客さまの立場に立った税務調査の対応ができているのでしょうか。平田税理士事務所は、お客さまと同じ目線でないように感じます。

 しかし、修正申告書の作成料を請求しないとなれば。修正申告書の作成には時間と手間を要するので、できる限り修正申告書を作成しないで済むように調査官と話し合って(交渉)いきます。
 これは、より一層、お客さまの立場に立った税務調査の対応ができるのではないでしょうか。平田税理士事務所は、お客さまと同じ目線であるように感じます。

 もちろん。税務調査は、基本的に業務時間を割いて対応するので、意味のない無用な反論や無用な交渉による時間の損失には、最大の注意をはらいます。

 ただし、定期訪問の契約をしていないお客さまや事実でない虚偽については、修正申告書の作成料をいただいています。また、税務調査の立会料(日当)はいただいています。